救援物資について



地震の情報

今朝NHKで放送されていた内容です

・自宅に居ます。物資が届きません。どうしたらいいか。

小学校や大きな集合場所に届いている可能性が高い。余震に注意しつつ物資を得るためにそちらを訪れて頂く必要があります。

・常備薬が足りません。どこに行けば得られますか。

役所の役員に届け出る必要があります。届け出る際は何が必要なのか、どれぐらい必要なのか避難場所などの団体の所は集計してから届け出る事。

・車内で生活しています。何に気をつければいいですか。

≫水分不足のため血液がドロドロになっている可能性が高いため、血栓ができるなどエコノミー症候群が起きやすいです。予防するには定期的に体を動かして下さい。

・体が水で濡れています。このままの状態でいいですか。

≫濡れている状態だと体温が奪われ続けます。新聞など兎に角乾いたもので身を包んで下さい。
「役員が信用しづらいかと思います。しかし、信頼して頂くほかないです」
との事です。

救援物資が減少しており不安かと思われますが、震災後に救援物資が届くのは平均3日後と集計が出ています。

もうしばらくの辛抱です。必ず助けが来ます。諦めないでください。

被災地ではない方は出来るだけ信頼できる情報の中から、救援物資の状態・交通網の回復状態・給水場所の情報をお願いします。

被災地の方の意見として「情報が足りない」が一番多かったです。

情報が足りないと災害流言が広まりやすいです。

私は東京都で余震にビクついています。
被災地ではない方の情報発信が求められています。

被災地の方々が見られる可能性が高い所で、信頼性の高い情報をお願いします。


 
東北被災地への交通・給油・預金引出・保険金支払・災害対策本部・主な病院・原発事故・放射能汚染の情報 | Home | とりあえず報告をば

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する