スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えても始まらないとしても

106.jpg
前の記事に拍手をありがとうございます!
PCサイトにメッセージをありがとうございました!
嬉しかったです…!レスについては大丈夫かなと思いますので、控えたいと思います´v`*

最初から私信全開で申し訳ないです;


さて、考えても始まらないとしても、考えてしまいます。

携帯サイトにリンクを貼っていないため、携帯側からだと分からないと思いますが、実は「この土日、ツイッターに浮上しません。」とツイッター上で宣言しておりました。

ですが、一旦浮上しました。
理由としては今問題になっている、ISIL関係で死体の画像が散見されるように仕組まれており、気を付けるようにと言う情報を確認したからです。

考えてしまう内容については、ISILはもちろんですが、実は最新テイルズについても含めて考えて…私としての考えがまとまりました。

まあ、あんまり真面目な話しをつらつら打つのも微妙なので、関心がある方だけPCからは「続きを読む」、携帯からは「以下続き」よりご覧下さい。
(あくまでも個人の見解、意見を多く含みますので、ご了承のほどよろしくお願いします)


とりあえず、表向き真面目な話は置いておいて。

PCサイトでヒスベリ本の電子書籍化を行いました´‐`*
あと2つ終わったら次の作業に移りたいです…次の作業何だ…?

ではではノシ
 
↓以下続き↓‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

※個人の意見、見解を多く含みます。ご了承のほどよろしくお願いします。

・日本人の一般人とジャーナリストが殺害された件について

私が確認したのは、「自己責任」「考えが甘かった」「一番悪いのは殺害したISIL」ぐらいでした。

ただ私が考えていたのは「何で時間差で殺害されたのか?」その意図についてです。

考えつくのは「一旦解放されるかもしれないと言う「希望」を味あわせて、「絶望」に叩き落とす。」事だったのではないでしょうか?

その方がより一層ダメージを与える事が出来ます。
精神的に?それもありますが、政治的にもです。

相手が見せつけたかったのは「どんなに頑張っても私たちには適わない」と言う事です。
結果として「最善を尽くしましたが…」っと言わせてしまっています。

決して「適わなかった」のではなく、「相手のシナリオ」に「踊らされた」だけです。
相手のシナリオでは最初から殺害する事は決まっていたのでしょう。

私が考えた結論としては、
・ISILが悪いのは、この事件が起きる前から分かりきっていた。
・捕まった日本人はたまたま運が悪かった。
・この人達が捕まらなくても、いつか他の日本人が捕まり同様に殺害されるだろう。
・政府は紛争地域へ向かう事を制限する、または何かあった場合責任は取らないことを契約した方が良い。
でした。

起きてしまった原因を探っても仕方がありません。
私たちが出来ることは、情報に踊らされない、そして、もしも自分の周りで紛争地域に行こうとしている人がいたら、全力で止める事。
ISILは暴力でしか人を支配する事が出来ない哀れな人達であり、ダサい人達であると若者が変に憧れないようにする事。

ぐらいじゃないでしょうか?
批判、怒り、その気持ちも分かります。
ですが、「だったら自分が出来る事って何だろ?」と考え行動する方が健康的かと思います。


・クソコラについて

ツイッターをやっている方はご存知かもしれませんが、今回の事件の画像をユーモア(ここではユーモアと言います)を交えて発表していた現象です。

画像を確認して、確かに可笑しいのはありますが、最終的に思ったのは「想像力がないんだな」でした。

「対岸の火事」より「対岸の花火」があっているような気がしました。

海外から評価が良いかもしれませんが、被害者には家族も居ます。
私がやられたら…?あなたがやられたら…?

…想像出来ましたか?

全員が賛同したらおかしいと思え、逆に全員が反対してもおかしいと思え。

と言う論語があります。
やはり私はおかしいと思います。賛同される方も含めて…。


・最新テイルズについて

因みに私は未プレイです。
ゲーム機移行、追加ストーリー、課金制の衣装変更などなど、そう言うゲームに対して関心がかなり低いため、新しいテイルズに対しても「どうせそうなるだろうな」と何となく予想していました。

なので1300円の追加ストーリーが来た時は「あーまたか」「最初から言っておけば良かったのに」ぐらいにしか思っていませんでした。

ですがヒロイン関係でかなり大事になっており、かなり叩かれていて正直驚きました。

確かにヒロインのような宣伝は誤解を生み悪いとは思いますが、それだけでその作品を悪いと決めつけ、批判するのはどうなんだろう…。
特にまだクリアもしていないのに決めつけるのは早い気がしました。

何で未プレイの私が気にしてるの?っと思われる方がいるかと思います。

理由はリバースがそうだったからです。
すっごいデジャヴでした;

嫌いと言うのは構いません。ただもしも嫌いと言うのであれば「こうして欲しかった」と一言添えた方が制作側も参考になるのではないでしょうか?

もしもあなたが書き手(描き手)なら、「原作はこうだったけど、こんな話が良かったな」と著作権に触れない程度に作品を発表するのもある一つの手かと思います。

好きの反対は嫌いではなく、「無関心」と言われています。

漠然と嫌うのでは無く、何が嫌いなのか見つめるのも勉強になってお勧めです。

・リバース10周年について

リバースが10周年になって思ったのは、発売当初「時事ネタだなぁ」っと感じた事を改めて思い出した事でした。

リバースが発売される前、イスラム戦争が起きており、リバースのCMでも戦争の映像が使用されていた事が私としては当日結構衝撃的でした。

そして10年経ってまたイスラム関係の事件が起きて…。

海外ドラマや映画に関心が無いとあまり実感が湧かないかもしれませんが、イスラム戦争後かなり人種差別が行われていた事を表現したり、取り上げている作品が多いです。

リバースは演説の部分がよく取り上げられますが、その後心だけではなく姿形についての葛藤や戸惑いなど、そう言う部分も含めて凄く考えさせられるなと、思ってました。

10年、ただ重なっただけだろ。と思われる方もいると思いますが、それでも考えてしまいます。

リバースのテーマが訴えかけているものがあるんじゃないかと…。

かなり長々となりましたが、最近の私の考えでした。
繰り返しとなりますが、個人の意見、見解ですので、ご理解頂ければと思います。

ではでは次回はいつもの感じに戻ります。

考えても始まらないかもしれませんが、それでも考えて、明日が良くなるように、行動に移せたら、きっと考えていた時間も無駄ではないのだと、思いたいです。

次へ | Home | 早いよ…

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。